小人と蔵人のものがたり 第一話【奇妙奇天烈摩訶不思議】

NO IMAGE

この地球上の国々にいて
「神さま」についての考えは様々であるが、

我が国日本において
「神さま」とは万物に
宿ると考えられている。

火の神さま、水の神さま、岩の神さま
その土地の神さま、学問の神さまなんてのも存在する。

今回のお話は、
“酒の神さま”ととある酒蔵、
そして蔵人達と目には見えない「こびと達」による
酒造りのお話。

昨今において、最近の日本酒は
海外のワイン、シャンパン、ビールのように、

オシャレ、ファッション

のような価値を競って、

「どのような日本酒がウケるか?」

という競争が激化されているのが実情なのだが、

・大量生産でリーズナブルでおいしいお酒

・ワインのようなオシャレな日本酒

そんな一見新しく、時流に乗った日本酒が、
日本酒業界の主流となりつつある今の時代に、

時代を逆流に突き進んでいるように見える
一見時代錯誤も甚だしい、
奇妙奇天烈な酒蔵が存在した。

それが、クラウド酒蔵、
“フェニックス酒蔵”である。