小人と蔵人のものがたり第四話【神宿る】

NO IMAGE

あなたは、日本酒の神さまが魂を宿らせた
本物の日本酒を飲んだことがあるだろうか?

米を鉛筆の芯のように削った高級純米大吟醸酒を
飲んだことはあるかもしれないが、

米をいくら磨いたところで、
その先に日本酒の神さまが鎮座している事は
残念ながら無い。

「蔵人と菌と日本酒の神さまによる三位一体で造られる酒」を、
あなたは日本人歴何年なのか知らないが、
残念ながら口にした経験はないだろう。

蔵人と菌の対話により、召喚されし日本酒の神さまが、
その液体に宿らせる”魂”は、

味覚を超越して、人体のさらに奥深い領域に語りかけてくる。
味覚で捉えられるものしか含まれていない日本酒に、
日本酒の神さまは宿っていない。

その深い領域とは、細胞であり、我々日本人の設計図である
日本人のDNAのスイッチをOffからOnにする、

つまり我々の中に眠る大和魂を呼び起こす
インパクトを醸し出すことが出来て、
真の日本酒といえるのだ。

まさに己の中にいる日本主を覚醒させるための呼び水。
それが、我々フェニックス酒蔵が造る日本酒なのだ。