おはなし

小人と蔵人のものがたり第六話【見えないものの力】

  • 2018.10.01

見えないものとは決してオカルトチックな存在ではない。 蔵に住み着く菌達と寝食を共にして、得る信頼関係。 ここに杜氏の力量、才覚が問われるのだ。 国宝級の作品はなぜ国宝級なのか? それは、その作品に日本の神さまが宿るからだ。 だからこそ、そこに人は日本を感じるのだ。 日本を強烈に感じる事の出来る 国宝級の神の呼び水。 我々フェニックス酒蔵は、 鳳凰と共に本来の日本酒を 復活させるべくここに参上。 フ […]

小人と蔵人のものがたり第六話【本物に流行り廃りはない】

  • 2018.10.01

何が日本らしくて、 何が日本らしくないのか? 歴史の教科書から歴史を追いかけて議論しようが、 時代のどこかを切り取って、どっちかに偏って議論しようが、 そこに日本の真実、日本の本来の魂は存在しない。 それは現代人が自分の思い込みによって都合よく創り上げた 虚構の日本っぽい日本に過ぎない。 現代におけるケミカルな物質、 人の手を排除した効率的な工業的な醸造によって造られた日本酒は、 たしかに日本酒な […]

小人と蔵人のものがたり第五話【日本らしさを追求】

  • 2018.10.01

何が日本らしくて、 何が日本らしくないのか? 歴史の教科書から歴史を追いかけて議論しようが、 時代のどこかを切り取って、どっちかに偏って議論しようが、 そこに日本の真実、日本の本来の魂は存在しない。 それは現代人が自分の思い込みによって都合よく創り上げた 虚構の日本っぽい日本に過ぎない。 現代におけるケミカルな物質、 人の手を排除した効率的な工業的な醸造によって造られた日本酒は、 たしかに日本酒な […]

小人と蔵人のものがたり第四話【神宿る】

  • 2018.10.01

あなたは、日本酒の神さまが魂を宿らせた 本物の日本酒を飲んだことがあるだろうか? 米を鉛筆の芯のように削った高級純米大吟醸酒を 飲んだことはあるかもしれないが、 米をいくら磨いたところで、 その先に日本酒の神さまが鎮座している事は 残念ながら無い。 「蔵人と菌と日本酒の神さまによる三位一体で造られる酒」を、 あなたは日本人歴何年なのか知らないが、 残念ながら口にした経験はないだろう。 蔵人と菌の対 […]

小人と蔵人のものがたり第三話【Mission】

  • 2018.10.01

我々には、日本酒を造る者としての日本的な課題があり、 本物の日本酒を世界に広げるためのMissionがある。 海外の真似事をして1番になったところで それはもはや日本酒でもなんでもない。 それは海外で喜ばれる日本で造った酒に過ぎない。 我々は”日本酒”に徹底的にこだわる。 それは「オールジャパン」つまりすべて『日本』という魂の籠った 人、蔵、菌が一体となって醸し出される 生 […]

小人と蔵人のものがたり 第二話【蔵人の信念】

  • 2018.10.01

フェニックス酒蔵の酒造りは奥が深く、 非常に複雑だと思われる方もいるかもしれない。 しかし一貫している酒造りの信念は、 小学生にでも理解できるぐらいとても簡単だ。 フェニックス酒蔵の酒造りの信念。それは、 “日本酒の神さまに好かれることを徹底的に行い、 日本酒の神さまが好まないことは一切しない。” 何が日本一の日本酒と言えるのか? ・品評会で賞の取れる日本酒なのか? ・売り […]

小人と蔵人のものがたり 第一話【奇妙奇天烈摩訶不思議】

  • 2018.10.01

この地球上の国々にいて 「神さま」についての考えは様々であるが、 我が国日本において 「神さま」とは万物に 宿ると考えられている。 火の神さま、水の神さま、岩の神さま その土地の神さま、学問の神さまなんてのも存在する。 今回のお話は、 “酒の神さま”ととある酒蔵、 そして蔵人達と目には見えない「こびと達」による 酒造りのお話。 昨今において、最近の日本酒は 海外のワイン、シ […]